Ecma International Home
  News
contact us
Ecma Site Map



 

Invitation to Ecma TC53 seminar, Tokyo, 11 December 2019, 10.00-12.00


A Modern Approach to Embedded Software (Japanese version)

Geneva, 13 November 2019

組込みソフトウェアの新たなアプローチ組込みソフトウェアの新たなアプローチソフトウェアの新たなアプローチ
組込みソフトウェア開発は岐路に立たされています。近年注目されているIoT(Internet of Things)が広がるにつれ、これまで数十年にわたり機能してきた開発手法では対処できなくなってきました。多くの組込みシステム開発者が新しいソリューションを模索していますが、なかなか満足のいく選択肢が現れてきません。Linuxなどデファクトスタンダードとなっているシステムは開発者にとってとても魅力的ですが、製品に実装していくためには多大な費用がかかってしまいます。また、半導体メーカーや個人として活動するソフトウェア開発者がしばしば、低価格のハードウェア向けに革新的なソフトウェアライブラリを提供してきましたが、多くの場合、応用範囲が限定され、短命に終わってしまいます。

Ecma Internationalは、webを活性化させてきたECMAScript(別名JavaScript)を含む数多くの影響力ある標準を策定してきた先進的な標準化団体です。これらの標準は、市場の成長、相互運用性の改善、ソフトウェア開発の効率化などを後押ししてきました。

Ecma Internationalによる最新の取り組みは「組込みシステム用のECMAScriptモジュール」です。これに関わる技術委員会(TC53)は、最新のJavaScriptの利点を組込みシステム用ソフトウェアの開発に導入しようとしています。技術委員会は、組込みシステムを構築するための一連の標準APIを提供しています。これらのAPIは、効率的で、可搬性が良く、安全であるように設計されています。特記すべき点として、これらの標準APIはベンダーに依存しないため、製品を構築するための強固な基盤となります。この共通の基盤があることにより、半導体メーカー、クラウドサービスプロバイダー、センサメーカー、ソフトウェア開発者などが組込みシステム開発者と協力しやすくなります。

本セミナーでは、IoT製品をJavaScriptで構築する最新の動向について紹介します。 JavaScriptを使用した組込みシステム開発における最新技術、それがどのように製品づくりに役立つのか、また、組織内でそれをどう評価し始めたらいいのかについて学ぶことができます。 Ecma Internationalに参加し開発に参加することで、標準があなたの製品の仕様を満たしていることを保証できます。

本セミナーは、標準の策定に関わる委員会のメンバーやJavaScriptを使用した組込みシステを開発の実経験を持つ方達によるプレゼンテーションが主な内容となります。

- Patrick Luthi. Ecma Secretary General and Secretary of Technical Committee TC53 on ECMAScript Modules for Embedded Systems
- Peter Hoddie. Chair of TC53 on ECMAScript Modules for Embedded Systems, CEO and Co-founder of Moddable
- Takashi Uehara. CEO of Japan Digital Design exploring the impact of IoT technology on Financial Technology (FinTech)
- Shinya Ishikawa. Independent software developer, author, and maker using embedded JavaScript
- Patrick Soquet. Architect of XS, the most advanced JavaScript engine for embedded systems
- Lizzie Prader. Co-founder of Moddable and leading developer of touchscreen user interfaces for embedded systems

本セミナーは、2019年12月11日に品川(JR品川イーストビル)で開催され、日立製作所にご主催頂きます。セミナーはEcmaのメンバーおよび非メンバーに開かれ無料で参加できます。ただし、座席が限られるため、参加を希望される方は、フルネームと所属を記載した電子メールをhelpdesk@ecma-international.org

宛に送ってください。会場の詳細についてはこちらのドキュメントをご参照ください。

ご質問のある方は、Ecma International事務局長Patrick Luthi (までお問い合わせくださいmedia@ecma-international.org)

 


 

 

Back Back

 

 

 

 

 
 
only search Ecma International

Level A conformance icon, 
          W3C-WAI Web Content Accessibility Guidelines 1.0